お知らせ

2022.10.27

講演会のご報告『はなちゃんのみそ汁』の著者、安武信吾さんにお話を伺いました

8月2日(火)「食べることは生きること」と題して、『はなちゃんのみそ汁』の著者、安武信吾さんにお話を伺いました。
はじめに、大学生の食生活の現状が紹介され、「基本の食事は、玄米ごはんと味噌汁が健康的であり、お米1合は57円と経済的だが、自炊を親から教わらない子が多いのではないか」という話がありました。安武さんが実践する『早寝・早起き玄米生活』は、妻の千恵さんが辿り着いた考えでもあり、“食べることは生きること”を娘のはなちゃんに伝え続けたそうです。また、安武さんが監督を務めた映画『弁当の日』には、子どもが自分で弁当を作ることで、自ら考え、家族との交流が生まれ、自己肯定感につながり、学校や地域をも変える様子が描かれています。

当日は、夏休み中で親子参加もあり、会場とオンライン合わせて63名が参加し、「自分の子ども達にも食の大切さを伝えていきたい」といった感想が寄せられました。
現在はなちゃんは、『枕崎鰹(かつお)節大使』となり、大学で食の勉強をしながら、子どもたちを対象に『みそ汁作りワークショップ』などもされているとのことで、今後の安武さん父娘の活躍に注目です。

福祉委員 井ノ上裕理

わたしたちが書きました
福祉委員会

福祉委員会

福祉ってなんだろう?
福祉は、私たちが生活する全てにおいて関わってくる大事なものです。暮らし、子育て、介護のこと、なかなか日々忙しくて、ゆっくり考える時間もない私たちですが、そんな福祉について、みんなで楽しく学ぶ委員会です。

加入申し込み 無料サンプル 加入申し込み 無料サンプル